学校長あいさつ


学校長写真

第26代校長  相 沢  季 里 (アイザワ キリ)

 本校は山梨県で唯一のろう学校です。
笛吹川のほとりで、果樹園に囲まれている自然環境に恵まれた地にあり、平成24年には創立90周年を迎えた全国的にも古い歴史と伝統のある学校です。
平成29年度は、幼稚部8名、小学部10名、中学部5名、高等部10名、計33名の児童生徒が在籍し、充実した学校生活を送っています。幼稚部から高等部まで一貫した教育が行われているため、子どもたちの持つ力を最大限引き出すのと同時に、社会性や思いやりの心を育む教育システムが構築されています。
さらに本校は、「きこえとことばの相談支援センター」として、乳幼児の子どもの教育相談や地域の学校に通学している聴覚障がい児の指導など、聴覚障がい児教育のセンター的機能も担っています。
教育目標は、「一人一人の子どもに応じた適切な教育と支援により、個人が自立し、豊かな人生を送るために必要な生きる力を培う。」です。
本校の校訓は「己に克つ」ですが、現代に生きる子ども達にあわせ、スクールスローガンを決めました。児童生徒が前向きな気持ちで、他の人と協働しながら、世界で活躍して欲しいという願いが込められています。

スクール スローガン
し しっかり取り組もう
あ 明るく楽しく
わ わたしとあなたと
せ 世界へはばたこう  

Top