学校概要


校訓

己に克つ

教 育 目 標

一人一人の子どもに応じた適切な教育と支援により、個人が自立し、豊かな人生を送るために必要な生きる力を培う。

本年度の重点努力目標

  1. あらゆる教育活動の場に発達段階に応じたコミュニケーション活動を位置づけ、豊かな人間性を育み、言語力・コミュニケーション力の向上を図る。
  2. 聴覚障害による学習上の困難を改善し、わかりやすい授業を実践することにより基礎学力の向上を図る。
  3. 心の教育・キャリア教育を充実し、社会的自立に必要な基礎となる能力や態度を育成する。
  4. 聴覚障害教育のセンター的機能を全校体制で推進する。

沿 革 の 概 要

1 私立盲唖学校時代(卒業生  小学部 男5名)

大正11年 4月20日 山梨訓盲院(甲府市琢美小学校内)に聾部を設置し、私立山梨盲唖学校と改称した(生徒5名) (設置者 塚原 等氏)
大正12年 4月 1日 甲府市工町工芸学校内に移転
大正13年11月27日 甲府市百石町に校舎を新築移転

2 山梨県立代用盲唖学校時代(卒業生  小学部 男25・女12)

昭和 6年 4月 1日 山梨県立代用盲唖学校と改称(生徒15名)

3 山梨県立盲唖学校時代(卒業生 小学部 男11・女10  中学部 男2・女2)

昭和17年 4月 1日 山梨県立盲唖学校と改称
昭和19年 3月12日 甲府市日向町7(山梨県立蚕業取締所の一部)に移転、百石町旧校舎を寄宿舎として使用 
昭和20年 7月 6日 戦災により寄宿舎を焼失
昭和20年 9月20日 罹災傷病者救済のため日向町校舎を県病院に貸与し、西八代郡共和村田原、若林武校長宅へ疎開
昭和21年 9月21日 甲府市岩窪町 深沢氏宅の一部を借り、共和村より移転
昭和22年 4月15日 甲府市古府中町六三部隊兵舎に移転
昭和22年 9月 3日 甲府市日向町校舎に移転 

4 山梨県立ろう学校時代

昭和23年 4月 1日 義務教育制度施行
昭和24年 4月 1日 盲唖学校廃止、山梨県立ろう学校となり、小学部・中学部・高等部を設置
昭和25年 4月 1日 東山梨郡山梨村万力1830(現山梨市万力1830)に分校設置、小学部3年まで在学
昭和25年 7月27日 東山梨郡山梨村万力1001番地に寄宿舎設置
昭和26年 6月13日 東山梨郡山梨村万力1830に全校舎を移転し、この日を創立(開校)記念日と制定
昭和36年 6月13日 校旗樹立(図案 久米康生氏) やまなしの花をデザイン
昭和37年 4月 1日 親の会設立
昭和40年 4月 1日 幼稚部設置(5歳児)
昭和42年 5月 1日 新寄宿舎完成
昭和43年11月 3日 校歌制定(作詞  向井房恵氏  作曲 坂口五郎氏)
昭和44年 4月 1日 幼稚部4歳児学級設置
昭和45年 4月 1日 幼稚部3歳児学級設置  乳幼児教育相談開始
昭和53年 4月 1日 重複学級認可
昭和53年10月 4日 移転新築校舎(第1次計画)起工式
昭和54年10月20日 山梨市大野1009に新築移転
昭和54年11月 5日 移転開校式
昭和56年 3月31日 体育館 運動部室 バックネット 校門等諸施設及び校地内植栽事業の完成
昭和58年 3月 4日 寄宿舎「笛泉寮」が山梨市大野1009に新築移転
昭和59年 2月25日 青柳敏夫先生紺 褒章受賞記念文化展(県立美術館)
昭和61年11月 3日 財団法人博報堂児童教育振興会主催第17回博報賞(聴覚障害の部)及び文部大臣賞受賞
昭和63年 6月24日 関東地区聾教育研究会主催
昭和63年10月8・9日 全国聾学校陸上競技大会主催
昭和63年11月10日 義務制施行40周年記念式典
平成 元年 4月 1日 高等部制服の改定、生徒手帳の改訂
平成 元年 4月20日 山梨県及び文部省「地域交流相互研究校」指定(2年間)
平成 2年 3月19日 文化交流館竣工式及び成昭園の設置
平成 3年 4月16日 高体連正式加盟
平成 4年 5月 学校週5日制調査研究協力校(県・文部省)
平成 4年 7月23・24日 関東聾学校バレーボール大会開催
平成 8年 8月 幼稚部中庭にループ埋設 全校にパトライト設置 相互通話方式集団補聴器4台設置
平成 8年 9月 第54回関東地区聾学校卓球大会開催
平成 9年 リフレッシュ耐震第1期工事着工
平成 9年11月13日 関東地区聾教育研究会定例会開催
平成10年 リフレッシュ耐震第2期工事着工
平成10年11月12日 義務制施行50周年記念式典
平成11年11月11日 関東地区聾教育研究協議会重複研究会開催
平成12年 3月 相互通話方式集団補聴システム設置[古屋教育助成財団寄贈]
平成12年 4月 1日 平成12〜15年度マルチメディア活用学校間連携推進事業推進校(県指定)
平成12年 9月23・24日 第49回関東聾学校卓球大会主管校開催
平成13年 5月11日 学校評議員会設置
平成13年 9月20・21日 第50回関東聾学校卓球大会男子団体優勝、男子シングルス優勝
平成13年11月10・11日 第38回全国聾学校卓球大会男子団体優勝
平成14年 2月12日 やまなしスポーツ賞受賞(男子卓球部)
平成14年 6月13日 創立80周年記念式典挙行
平成14年 9月14・15日 第51回関東聾学校卓球大会男子団体準優勝、男子シングルス優勝
平成15年 3月 赤外線補聴システム一基設置
平成15年 5月10・11日 第53回関東高等学校卓球大会出場(卓球男子シングルス)
平成15年 9月20・21日 第52回関東聾学校卓球大会男子団体3位、男子シングルス優勝
平成15年11月15・16日 第40回全国聾学校卓球大会男子団体3位
平成16年 4月 きこえとことばの相談支援センター設置
平成16年 5月 通級による指導開始
平成16年 5月14日 開校式(拠点校 韮崎東中)
平成16年 5月17日 開校式(拠点校 下吉田第二小)
平成16年 5月28日 開校式(拠点校 貢川小)
平成16年 9月3・4・5日 第53回関東聾学校卓球大会(本校主管)男子個人
平成16年11月6・7日 第41回全国聾学校卓球大会男子個人シングルス出場
平成17年 5月12日 通級による指導開校式(拠点校 竜王南小)
平成17年 9月16〜18日 第54回関東聾学校卓球大会男子団体準優勝、男子個人ベスト8
平成17年11月18〜20日 第42回全国聾学校卓球大会男子団体ベスト16
平成18年 9月15〜17日 第55回関東聾学校卓球大会女子団体ベスト8、女子個人ベスト16
平成18年10月16日 学校教育法改正に伴う校名問題について校名は存続となる
平成18年11月2〜4日 第43回全国聾学校卓球大会女子個人シングル出場
平成19年 3月13日 手話校歌発表(中学部・高等部)
平成19年 9月 第56回関東聾学校卓球大会 男子団体5位(本校主管)
平成20年 8月 第57回関東聾学校卓球大会 男子団体優勝 個人ベスト10 女子団体3位 個人ベスト8
平成20年10月 第45回全国聾学校卓球大会 男子団体準優勝 女子団体ベスト8 個人3位
平成20年 8月26日 スクールカラー制定(ビビッドブルー/DIC N890)
平成21年 8月 第58回関東聾学校卓球大会 男子団体3位
平成21年11月 第46回全国聾学校卓球大会 男子団体優勝
平成22年 8月 第59回関東聾学校卓球大会 男子団体優勝 男子個人優勝・3位
平成22年11月 第47回全国聾学校卓球大会 男子団体優勝 男子個人優勝
平成22年11月19日 関東地区聾教育定例研究会開催(主管校)
平成23年8月19〜21日 第60回創立記念関東聾学校卓球大会(主管校)男子個人3位
平成23年11月 第48回全国聾学校卓球大会 男子個人ベスト8
平成24年8月 第61回関東聾学校卓球大会 男子団体3位 男子個人準優勝
平成24年9月 FM補聴システム導入
平成24年11月15日 創立90周年記念式典挙行
平成25年6月 教室へのエアコン設置
平成25年7月12〜14日 第62回関東聾学校卓球大会 男子団体準優勝 男子個人優勝・準優勝
平成25年10月4〜6日 第50回記念全国聾学校卓球大会 男子団体3位
平成26年7月 寄宿舎へのエアコン設置
平成28年8月22〜24日 第65回創立記念関東聾学校卓球大会開催(主管校)

校歌

主旋律 
伴奏   

Top