通級指導教室
−通級による指導−
黒板のカット

通級による指導は、小中学校の通常学級に在籍する聴覚に障害のある児童生徒に対する指導・支援をしています。

通級による指導

−自立活動−

個別または小グループで、きこえに関する学習、ことば・コミュニケーションの学習、障害認識について・進路学習等の学習を行います。必要に応じて教科の補充学習も行います。 グループでは、同じ障害のある仲間との交流や話し合いを大切にします。

交 流 会

夏の交流会
 平成29年7月22日(土)
冬の交流会
 平成29年12月23日(土・祝)

ろう学校において、県内で通級による指導を受けている児童生徒、ろう学校児童生徒、難聴学級児童生徒との交流を行っています。
ゲームや調理活動などの楽しい体験活動、聴覚障害のある大学生や社会人の先輩の体験談をきく会、保護者の方や担任の先生のための聴覚障害理解講座などを行います。

H28夏の交流会だより

H28冬の交流会だより


在籍校支援

在籍している学校に訪問して相談を行います。

聴覚障害児に対する授業内容やかかわり方、配慮点などについて担任の先生への支援を行います。
また、在籍しているクラスの友だちへの聴覚障害理解学習を行います。

授業風景

※指導形態は、ろう学校へ通級する指導、地域の拠点校へ通級する指導、 在籍する学校で行う指導があります。

※平成29年度、拠点校での指導を行っているのは、甲府地区1教室、峡中地区2教室、峡北地区2教室、峡南地区1教室、富士・東部地区3教室です。

※平成29年度の通級による指導児童・生徒は、21名(小学生9名、中学生12名)です。

区切り線

センターのページへ戻る こんな心配 ひよこ教室 きこえとことばの教室 問い合わせ

Home